占いを勉強してみよう

占いを勉強して、自分の特技をゲットしよう

これであなたも占星術がわかる

占星術を勉強する前に、あなたは12星座をご存知ですか。
牡羊座、牡牛座、ふたご座、蟹座、しし座、乙女座、天秤座、さそり座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座がありますね。
朝のテレビニュースや本の占いコーナーでよく見かける内容です。
実はこれは占星術と深い関わりがあったのです。
占星術は、12星座を用いた占いだったのです。
正確には西洋占星術の一部である太陽占星術と呼ばれるものです。
西洋占星術はその12星座だけでなく、太陽や惑星を取り囲んで占いを行っていきます。
ここで新たな単語ですが、「エレメント」と呼ばれる西洋占星術に必要不可欠な知識も必要です。
エレメント、星座、出自、生年月日を用いて占いを行うスタイルです。
具体的なやり方は次の通りです。

西洋占星術の進め方

進める前にまず、ホロスコープというものを理解しなければなりません。
聞き慣れない単語かもしれませんが、これは天体の配置図です。
地峡を中心に12星座と10種類の惑星を配置させた天球図というものです。
これが一番重要なので、しっかりと勉強していくことが大事です。
ホロスコープ、天体の配置図にはサインと呼ばれる星座宮、つまり12星座の位置があります。
この中に「水星」や「月」や「太陽」などの10種類の記号がちりばめられています。
その中で占うときに注目するのは「太陽」であり、その位置によって占いを行えることができます。
太陽を示す印が牡羊座の印の中に確認された時、その人は牡羊座であるとともに太陽の持つ特徴を備えていることになります。
このように西洋占星術を読み明かしていくのです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ